偕楽園音楽祭 OFFICIAL WEB

新着情報

偕楽園音楽祭無事終了

写真をクリックして拡大表示できます。サイズが大きい為、読込に時間がかかる場合がございます。

偕楽園チャリティー音楽祭に、ご参加頂き有難う御座いました。
お陰様で無事終了致しました事をご報告させて頂きます。

水戸が世界に誇る偕楽園で、開催が出来た事に感謝致します。

天候にも恵まれ、最高の笑顔が溢れる素晴らしいイベントとなり、3000人の参加者がお集まりになりました。

ご参加下さいました皆様、協賛企業様、協賛者様、出演者様、出店店舗様、携わって頂いた全ての皆様に心より感謝致します。

また来年お会いしましょう!

 

2018.10.15
偕楽園音楽祭実行委員会より

偕楽園音楽祭について

自分たちの地域(まち)は
自分たちで元気にしたい! 地元を愛するアーティスト達による、
地元を舞台としたチャリティー音楽祭

2018年…先の見えない日本経済、様々な社会不安、こんな混沌とした時だからこそ、私たち青年が力強く行動して行かなければならないと感じております。

町興しイベントでも多く開かれている「音楽イベント」、音楽にはチカラがあります。心を元気にするチカラ、心を和ませるチカラ、そして心つなぐチカラ。音楽のチカラで自分達の地域(まち)に勇気と元気と笑顔をたくさんの人たちに与える事が出来るはずです。

地域資源であり広大で多彩な魅力あふれる世界第2位の都市型公園、日本三大名園である偕楽園公園を会場とし、音楽の持つ魅力、特有のメッセージ性を通じ、たくさんの人に『いま大事なこと』を強く発信していきたいと考えます。

私たちは、たくさんの笑顔があふれる郷土創りの為に、強く、熱い気持ちを持って『偕楽園チャリティ音楽祭~MTCmusic2018~』を開催致します。

開催情報

開催日時

ダンスバトル

ストリートダンスバトルエントリーページ

TIME TABLE

偕楽園チャリティー音楽祭タオル

偕楽園チャリティー音楽祭タオル

会場にて150枚限定販売 ¥1,500(税込)

※タオル収益金の一部を児童養護施設などに寄付致します。

公演に関する注意事項

偕楽園チャリティー音楽祭を毎年行えるように最低限のマナーと下記のルールをお守り下さい

  • 雨天、荒天、天災などで中止の場合はホームページ上や各SNSにてご報告致します。
  • 会場内への飲食物の持ち込み・クーラーボックスの持ち込みは禁止です。飲食は会場内の売店をご利用下さい。ご入場の際に簡単な荷物チェックをさせていただきます。
  • 会場内は禁煙です。喫煙は指定の喫煙エリアでお願いします。
  • アーティストに対する写真撮影、ビデオ撮影、録音などの行為は禁止です。
  • 録音機器の場内への持ち込みは一切禁止です。自撮り棒については持ち込みは可能、ただしステージ前など混雑する場所での 使用は禁止です。
  • 未成年の飲酒・喫煙、ドライバーの飲酒は禁止です。
  • 指定スペースに限り、椅子やござシートは持込使用可能ですが、テントやタープなど四方を遮る物は持ち込み禁止です。指定スペースは1組2m×2mの使用が可能です。
  • 傘の持ち込みは禁止となります。レインコートなど遮らない物は持ち込み可能です。
  • ペットの連れ込みは禁止です。
  • 小学生以下のお子様は、保護者の同伴でご来場下さい。
  • 会場内の他の施設や自然植物を傷つける行為はお止め下さい。
  • ゴミは分別の上、指定のゴミ箱へ必ずお捨て下さい。
  • 会場内の他の施設や自然植物を傷つける行為はお止め下さい。
  • 駐車場に限りがございますのでお近くの公共の機関をご利用ください。
  • 薬物などの違法行為が発覚した場合は、如何なる理由に関わらず身柄を警察に引き渡します。
  • 不正入場が発覚した場合は、いかなる理由にかかわらず身柄を警察に引き渡し、損害賠償を請求いたします。
  • 他の来場者へ危害が加わる恐れのある行為は一切禁止いたします。(ダイブ、モッシュ等含む)
  • 会場内外でのトラブルは一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。その場合のチケットの払い戻しは一切行いませんので、予めご了承下さい。
  • 禁止事項を無視した行為によるトラブル(喧嘩、怪我、被害等)に実行委員会は一切関与いたしません。すべて当事者同士で解決していただきます。
  • 会場内外において、スタッフの指示に従わない方、過度の飲酒による泥酔者や迷惑または危険行為とみなされた場合は、強制的に退場していただきます。

上記の注意事項を守れない場合、また偕楽園チャリティー音楽祭スタッフの指示に従わない場合は、強制的に退場していただきます。


チケットに関する注意事項

  • 雨天、荒天、天災などで中止の場合には、チケットの払い戻しを致します。払い戻し方法は、中止になった場合HPや各SNSにてアナウンス致します。
  • 雨天、荒天、天災により途中中止になった場合にはチケット払い戻しは致しません。
  • 出演者のキャンセル・変更に伴うチケットのキャンセル・変更・払い戻しは一切お受けできませんので、予めご了承ください。
  • チケットご購入後の変更・キャンセル・払い戻しはお受けできません。
  • 入場チケット1枚につき、1名様のみ有効です。
  • 小学生以下は無料ですが(チケット不要)、保護者同伴の場合のみ入場可となります(保護者は入場 有料)。
  • チケットは当日会場受付にてリストバンドと交換いたします。チケットのまま会場へ入場することはできません。
  • リストバンド交換後にリストバンドを外された場合は無効となり会場への再入場はできません。
  • チケットは公演日まで大切に保管してください。いかなる理由(紛失、破損、盗難等)でも再発行は一切いたしかねますので、ご注意ください。
  • リストバンド交換後はいかなる理由(紛失、破損、盗難等)でも再発行は一切いたしかねますので、ご注意ください。
  • チケットの不法転売は固くお断りいたします。

出演者情報

SPECIAL GUEST ARTISTS

それぞれの写真をクリックするとアーティストの詳細がご覧いただけます。

般若

般若

96年頃から単独で活動を開始。
04年2月、1st Album『おはよう日本』。その後、長渕 剛氏のトリビュート盤「Hey!ANIKI」へ参加。その仕事が認められ、「伝説の桜島7万5千人ライブ」に出演。
05年2月、2nd Album『根こそぎ』。11月には日本武道館で行われた長渕 剛氏の「YAMATO」ツアーの前座を務める。12月にSingle「オレ達の大和」発売。映画「男たちの大和」のサポート・ソングとなる。
06年2月、3rd Album『内部告発』。5月、渋谷Duoにて初の単独ライブ「LIVE告発」。
08年7月、4th Album『ドクタートーキョー』発表ともに、 昭和レコード設立。この頃より公式HPにて本邦初の「音声ブログ」を開始、「ブログは般若ウェブサイ~」の名フレーズを生む。12月大阪なんばHATCHでの「ULTIMATE MC BATTLE 2008決勝大会」に東京代表として単身乗り込み、激戦を制して優勝。
09年6月、5th Album『HANNYA』。8月27日には約3年3か月振りの単独ライブを渋谷O-EASTにて開催、LIVE DVD『渋谷8.27~Live at Shibuya O-EAST 2009~』を2010年3月に発売。
2010年8月、般若のライブ中、昭和レコードにSHINGO★西成が電撃加入する旨をサプライズ発表。その模様はtwitterでリアルタイムにシーンを駆け巡り大きな話題に。
11年7月、6th Album『BLACK RAIN』をリリース。従来の作風にはない、抽象的表現や普遍的なテーマを掲げた作品となる。そのツアーファイナルを2012年1月8日に地元・渋谷公会堂で開催、その模様を収めたLive DVD「渋谷公会堂 2012.1.8」を6月に発売。
また、11年、のちに定期イベントとなる『昭和レコードTOUR SPECIAL』を立ち上げ。13年、更に新たな試みとして、ライブ巧者の若手のみを厳選し、前面に押し出したイベント『乱 THIS TOWN』を東京と大阪で3月に開催。単独ライブとこの2本のイベントを柱に、自らの表現の場所の確立と、それに共鳴した地方とのコネクションを更に強固にする。


OFFICIAL WEB:hannya.jp

CREAM

CREAM

シンガーソングライターのMinami(ミナミ)と、ラッパー / トラックメイカーのStaxx T(スタックス・ティー)が結成したニューグループ、CREAM(クリーム)。
メインストリームを主軸に、EDM、POP、HIP HOPまでを網羅し、他にはないサウンド"NEW J-POP"を作り出す、1ヴォーカル&1MCのマルチユニット。
個々でも、TERIYAKI BOYZ®やVERBAL、AKLO、下拓、JAZEE MINORへのフィーチャリング参加、m-floや安室奈美恵、BoA、V6、Hey! Say ! JUMP、JASMINE、塩ノ谷早耶香といったアーティストへの詞曲提供など、クリエイターとしても精力的に活動している。
自らYouTube上に立ち上げたチャンネル"CREAM VISION"では、オリジナル楽曲やライブ映像のほか、名曲のカバーやリミックスなど、幅広い選曲で動画をアップし続け、トータルビューは5,000万回を、チャンネル登録者も14万人を突破し、現在も記録を伸ばし続けている。
2013年1月23日、テレビや衛星波で11のタイアップ、ラジオは全国で20にも及ぶパワープレイを獲得し、USEN HIT J-POPランキング1位となったリードシングル「Shooting Star」の先行リリースを経て、2013年2月27日にアルバム『DREAMIN'』でメジャーデビューiTunes総合チャートでも1位を獲得したほか、全国24都市29公演にも及ぶ『DREAMIN’』リリースツアーを敢行した。同年7月17日には、EDMを巧みに取り入れたサマーアンセム「Wonderland」を引っさげ、サマーソニック、TOKAI SUMMIT、Sunset Liveなど全国11会場での夏フェスに出演。2ndシングルとなるミドルバラード「Beautiful」のリリースを経て、年末にはプロジェクションマッピングされた大阪城でカウントダウンライブに出演するなど、年間100本を超えるライブをこなした。
2014年4月30日には、待望のセカンドアルバム『#nofilter』をリリース。本作を引っさげた初のワンマンツアーは全会場ソールドアウト、同じくキャリア初となるアジアツアーも成功を納め、海外にも活動の幅を広げている。9月17日には、レンタル&配信限定で新曲となるセツナ系EDM「STAY」をリリースした。また、12月17日には不安を抱えながらも仲間との絆を信じて生き抜く〝今〟を歌ったワールドスタンダードEDMの「Eternally」を収録した冬の代表曲を集めた企画ミニアルバム『WINTER MIX 2014-2015』をレンタル限定盤と配信でリリース。
2015年は、塩ノ谷早耶香「今も feat. CREAM」にコラボレーション参加をするなど、さらに活動の幅を広げた。同年11月4日にYouTube45万再生を突破した一目惚れR&B「54321」、12月9日にはDJ FUMI★YEAH!、DJ YU-KI、BABY-Tの3人からなるプロデュースユニット143によるRemix作品「CHANGE(143 Remix)」を配信でリリース。同年11月から翌年2月までCREAM “CHANGE” CLUB TOUR 2015-2016を全国16会場で開催。年末にはrockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 15/16に出演した。
そして2016年2月3日には、待望の3rdアルバム『CHANGE』をリリース。Giorgio13と共同プロデュースのミドルEDMでアルバムリード曲「CHANGE」、青山テルマ、JESSE (RIZE, The BONEZ)が客演参加するなど、豪華な作品となっている。3月から、全国7会場でのワンマンツアーが行われた。ファイナルの東京公演では、10人の豪華ゲストと、ダンサー、バンドセットで行われ、ツアーは大盛況のうち終了した。2016年6月29日にデジタルシングル「One Last Kiss」をリリース。11月には全国4会場のワンマンツアー「CREAMワンマン -2016A/W-」を開催。2017年1月1日にはベストアルバム「CREAM THE BEST」をリリース。そして、2017年4月26日には、待望の4thアルバム「BLACK」がリリースされた。

Staxx T(スタックス・ティー)

- Rapper:プロデュース / 作詞 / 作曲 / 編曲

大阪生まれ大阪育ち。幼少の頃からピアノを習い、両親の影響でソウルミュージックを聴いて育つ。15歳の頃にHIP HOPと出会い、マイクを手に取りクラブでのライブ活動を始める。その後、トラック等も含め完全セルフプロデュースをするようになり、同時期にヒップホップファッション誌「TIGHT」マガジンの大阪代表として特集される。また、ファッション誌「411」のコーナー「ラジャスタ」では、アパレルショップ「Serious, Inc.」専属モデルを務めた。 また、DJ MASTERKEY /コカ・コーラ主催、10代限定のライブバトル「Teens Creation 2005」のMC / VOCAL部門においては、見事優勝を果たし日本一の座を獲得する。
近年では、TERI YAKI BOYZ® 「Even Mor e 」や、「REVOLUTI ONS / 【REVOLUTI ONS 】PS "Break The Wall" feat.V6 & ☆Taku Takahashi (m-flo)」、その他アーティストの楽曲に作詞として参加。 また、AKLOの「NEW DAYS MOVE (REMIX)」に、SALU、KOHH、SHIGO★西成らと共にフィーチャリング参加したほか、YORK の「Let i t go! 」では、SKY- HI (AAA )もと共演、下拓、JAZEE MINORなどの作品にも参加するなど、新世代ラッパーとして活動の幅を増やしている。

Minami(ミナミ)

- Singer:作曲

香港生まれ。約8年間を香港で過ごし、英語と日本語を話すバイリンガル。2009年10月にリリースされた、VERBALプロデュースのBoAシングル「BUMP BUMP! feat. VERBAL (m-flo)では、VERBALからの直々の誘いにより、コンポーザーに抜擢される。それをきっかけに、ライティング能力を開花させ、以降多くの作品に楽曲を提供している。
さらには、2009年のTERIYAKI BOYZ®「Even More」において、作曲およびフィーチャリングボーカリストとして参加。 Kylie Minogue、m-flo、安室奈美恵、BoA、RYO the SKAYWALKER、JASMINE、童子-T、JORDYN TAYLOR、その他アーティストにも楽曲を提供している。2014年には、DJ DECKSTREAMの作品にも参加している。


OFFICIAL WEB:CREAM

ANARCHY

ANARCHY

京都・向島団地出身。父子家庭で育ち、荒れた少年時代を経て逆境に打ち勝つ精神を培い、成功への渇望を実現するため、ラッパーとして活動することを決意。2005年のデビュー以降、異例のスピードで台頭し、京都のみならず日本を代表するラッパーの地位を確立。2014年にはメジャー・デビューを果たし、更にスケールアップした存在感でリスナーを魅了している。

アルバム情報

メジャー進出し、名実ともにヒップホップ界のトップにのしあがった ANARCHY。だが、上に上がれば上がるほど、彼の野望は拡大する一方。日本の音楽シーンに革命を起こすべく、さらなる闘いに挑む ANARCHY 待望のニューアルバム!

発売日:2016/7/6

アーティスト:ANARCHY

タイトル:BLKFLG

【CD 収録内容】新録曲12曲収録!

1. CRADLE TO THE GRAVE feat. MIGHTY CROWN (Pro. AVA1ANCHE)
2. WHATEVER (Pro. SHIMI from BUZZER BEATS for D.O.C.)
3. HELLA RICH feat. CRAZYBOY (Pro. CHAKI ZULU)
4. チェインギャング (Pro. 真島昌利 / Arr. CHAKI ZULU)
5. SO WHAT? (Pro. CHIVA from BUZZER BEATS for D.O.C.)
6. MATADOR (Pro. COOKIN' SOUL)
7. HAMIDASHIMONO (Pro. D. FOCIS)
8. NO FEAR feat. JOHNNY & YDIZZY (Pro. LISACHRIS)
9. BLACK MARIA (Pro. NAO THE LAIZA)
10. TOMODACHI (Pro. CHAKI ZULU)
11. TRUE ROMANCE (Pro. CHAKI ZULU)
12. ヒトヒトリフタリ (Pro. AVA1ANCHE)

【DVD①収録内容】

◆Short Movie:「BLKFLG the MOVIE」

この DVD でしか見れない!
ANARCHY 主演、MIGHTY CROWN や CRAZYBOY 等が出演し、アルバム収録曲 11 曲を使用したMV 連動型短編映画「BLKFLG the Movie」( 約 30 分 ) を収録!

1. INTRO
2. TOMODACHI
3. MATADOR
4. SO WHAT
5. HELLA RICH feat. CRAZYBOY
6. WHATEVER
7. TRUE ROMANCE
8. CRADLE TO THE GRAVE feat. MIGHTY CROWN
9. NO FEAR feat. JOHNNY & YDIZZY
10. HAMIDASHIMONO
11. BLACK MARIA
12. ヒトヒトリフタリ

◆Music Video:「チェインギャング」

【DVD②収録内容】

◆Live DVD:「ANARCHY “LIVE SHOW”」

2014 年 10 月に渋谷 CLUB QUATTRO で開催されたワンマンライブ「ANARCHY “LIVE SHOW”」を収録!

1. INTRO
2. THE THEME
3. ENERGY DRINK
4. SUPER BAD
5. GANGSTAR
6. KONNICHIWA BITCHES
7. VVVIP
8. SHAKE DAT ASS
9. MOON CHILD
10. LIVE SHOW in OSAKA (2014.10.19 at UMEDA CLUB QUATTRO)
11. CRY
12. SPIRAL
13. LOVE SONG feat. AISHA
14. ACAPELLA
15. RIGHT HERE
16. GOOD DAY

※初回限定盤は DVD②と「BLKFLG オリジナルバンダナ」とステッカーを同封したスペシャルボックス仕様!

【商品形態 】

◆初回生産限定盤 ※オリジナルバンダナ、ステッカー、LIVE DVD付スペシャルボックス仕様

AL + Short Film + Music Video + Live Video + BANDANA + STICKER in SPECIAL BOX
[CD+2DVD]
RZZD-86141/B ~ C
¥4,980( 本体価格 )+ 税

◆通常盤 (映像付)

AL + Short Film + Music Video
[CD+DVD]
RZCD-86142/B
¥3,980( 本体価格 )+ 税

◆通常盤 (CDのみ)

[CD]
RZCD-86143
¥2,980( 本体価格 )+ 税


OFFICIAL WEB:ANARCHY
LINE公式:@anarchy
INSTAGRAM:@anarchyrrr
TWITTER @anarchy_jp
FACEBOOK @anarchyc9c

t-Ace

t-Ace

日本のHip Hopシーンを担う孤高のラッパー、t-Ace(ティーエース)。
14 歳でHip Hopに出会いDJを始め、21 歳の時にラッパーへと転向。その後同郷のLUNCH TIME SPEAXとのユニットや、MURO監修のサントラ『TOKYO TRIBE 2』へ参加する等、着実にキャリアを積み上げ、2008年には殆どのトラック・プロデュース、エンジニアを自らこなした1stアルバム『孤高の華』をリリース。翌年に行った自主公演のライブでは1000人以上を集客。2011年には2ndアルバム『YUME-NO-ARIKA』、2012年には3rdアルバム『Change?』をリリース。実体験に基づいた嘘偽りの無いリリックとセンスは、HipHop関係者はもちろん、多方面から高い評価を獲得。また震災後の2011年4月には、被災地でもある水戸プラザ・ホテルでチャリティ・ライブを開催。その功績を認められ、ラッパーとしては全国初となる水戸大使として任命された。
2014年7月には2年ぶりとなるニューアルバムのリリースを予定。兄貴分として慕っている般若とのコラボレーションした先行曲「ダレも知らないブルース」はiTunes HIPHOPチャートにて1位を獲得。ミュージック・ビデオはMTV JAPANのEXCLUSIVE VIDEOに選出された。2015年は翼 a.k.a. t-Ace名義で5枚目のアルバム「自殺よりもセックス」を発売。201601.31にツアーファイナルを地元水戸で行い650人を動員。


OFFICIAL WEB:officeZERO

DJ TY-KOH

DJ TY-KOH

SOUTH SIDE OF KAWASAKI CITYをHOODとするMr. K-TOWNことDJ TY-KOH。
1996年よりHIP HOP DJとして活動を始める。
2001年に結成したHIPHOPとDANCEHALLを融合したREMIX STYLEのSOUND CREW "BIG BLAZE WILDERS"のオリジナルメンバー。
NEW YORKでの長期滞在と、REGGAEのフロアを沸かしてきた経験を生かしたDJ PLAYは、MICを持ちリリックやダンスも伝えながら曲をかけるスタイル。その圧倒的なヴァイブスは、多くのオーディエンスを巻き込みながら、EAST, WEST, SOUTH 問わず幅広くPLAY。
2010年、SIMON、Y’Sと共に「Tequila Gin or Henny」を制作。TY−KOHのプロモーションにより、NYの人気DJ、DJ KAST ONEがHOT97でプレイしたことで世界中から注目され、Twitterや多くのblog上で一気に話題が沸騰、遂には50CENTの耳に止まるまでのサクセスストーリーとなった。間もなく発表された「TEQUILA,GIN OR HENNY THE MIXTAPE」は圧倒的なセールスを見せ、今日の日本語ラップブームの火付けとなったといっても過言ではない。
同年、恵比寿リキッドルームで開催されたSEEDAのワンマンライブのDJを担当。ライブDJとしての 実力も関係者を始めオーディエンスに広く認知されている。
2011年、自身がプロデュース・リミックスを手がけた話題作 ”V-NECK T(V-MIX) - YOUNG HASTLE ft. DJ TY-KOH, Y's, OHLI-DAY, YUKI a.k.a.JUTO, JAYSMAN & BIG-T” や "TRIGA FINGA - Gyal Is Everything (Remix) ft. DJ TY-KOH,Y's,TOP” などを収録した日本語ラップ・ミックステープ "You Know What It Iz The Mixtape”をリリース。2012年には同作がイギリス ロンドンで開催された「The Official Mixtape Awards Best International Mixtape 2011」で地元イギリスやアメリカを抑えグランプリに輝いた。
他にも、人気アーティストのオフィシャルMIXを数多く手掛け、世界一の称号をも獲得した実力を武器に、数々の作品をヒットへ導いている。
2015年、盟友KOWICHI、YOUNG HASTLEと共に”FLY BOY RECORDS”を設立。
盛り上げるヴァイブスの高さは多くのラッパーから支持され、プロデュースや”煽り役”としてシャウトの客演オファーが絶えない。日本のヒップホップ・シーンをリードするそのアーティスト性が、多くの人を魅了し続ける。


OFFICIAL WEB:FLY BOY RECORDS

KOWICHI

KOWICHI

近年、多くの才能をシーンへ輩出し盛り上がりを見せる川崎をホームに活動するラッパー。
2MCラップグループ、enmakuとしてキャリアをスタート。2012年からソロ活動を本格的に開始し、1stアルバム『The Chips』をリリース。
14年に発表した2ndアルバム『The DINER』から“BoyFriend #2” feat. pukkey & DJ TY-KOHがスマッシュ・ヒットを記録。その後KOHH、YOUNG HASTLEを迎えた同曲のリミックス、“LYNE”と2曲連続でiTunesヒップホップ・チャート1位を獲得し、DJ TY-KOHとのミックスCD『Stoner Life The Mixtape』でもストリートの話題を独占。その他多くの客演曲もリリースとなり、15年10月”No, No, No feat. T-PABLOW”を収録した3rdアルバム『SheCRET』をリリース。
テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」でのゲストLIVEや全国でのLIVE活動が活発する中、15年11月DJ TY-KOH, YOUNG HASTLEと共にレーベル、FLY BOY RECORDSを設立。原宿アストロホールにて旗揚げとなるYOUNG HASTLEとの2マンライブ「FLYBOY RECORDS LIVE IN CONCERT」を成功させる。
16年10月、4thアルバム「The Plain」をリリース。17年2月には配信限定EP「REP MY CITY」シリーズのpt.2をドロップし、3月にフッドである川崎セルビアンナイトにて開催した自身初のワンマンライブ「LIVE IN CONCERT "The Plain”」も成功を収める。
配信限定EPのリリースを挟みながら、2017年12月に5thアルバム「SPLASH」をリリース。同年、SUMMER BOMBやNAMIMONOGATARIなど、国内HIPHOPフェスに出演。
18年3月より初となるレーベルツアー「FLY BOY RECORDS LIVE IN CONCERT TOUR 2018」をスタートさせ、全国9ヶ所を回ったツアーも5月に渋谷CLUB QUATTROで大盛況の中FINALを迎えた。
親しみやすいリリックと目覚ましいリリース量により、シーン内外で大きな注目を集めている。


OFFICIAL WEB:FLY BOY RECORDS

YOUNG HASTLE

YOUNG HASTLE

中学3年時にキングギドラに出会い、衝撃を受ける。ZEEBRAのスタイルに憧れると同時にUSヒップホップを吸収。
2002年にラップを始め、渋谷のクラブなどでライブ活動を展開。一切のブレを感じさせない彼の性格が、アンダーグラウンドの現場で日々泥臭く戦うラッパーを沸かせ、厚い支持を受ける。
2010年6月、1stアルバム『THIS IS MY HUSTLE』をリリース。自身のトレードマークである "VネックTシャツ” 偏愛ソング 「V-NECK T」が大ヒットし、颯爽とシーンに登場したヤングハッスル。立て続けに「V-NECK T(V-MIX)」を発表、同年12月には「V-NECK T」がAmebreak AWARDS 2010 BEST SONGS部門で堂々の第2位に輝き、一躍 “V-NECK T” ブーム が巻き起こる。
2011年6月に発表した「THIS IS MY HUSTLE REMIX EP」では、肉体美を誇る筋トレ・アンセム「Workout」のPVが話題となり注目された。
2012年7月、2ndアルバム『Can't Knock The Hastle』をリリース。日焼け推奨ソング「Blackout」をはじめ、収録曲のほとんどが実体験をラップに落とし込んだ純度の高さが多くのリスナーを虜にした。
2014年7月、自らのリターンを高らかに宣言した待望の3rdアルバム『RETURN OF THE HASTLE_』をリリース。磨き上げられた中毒性のあるヤンハス節がファンをうならせた。
日本語ラップ界随一の肉体美と言っても過言ではないその鍛え上げられたルックスは、多方面で評価され、メディアや雑誌への露出も多い。
2015年、盟友 DJ TY-KOH、KOWICHIと共に FLY BOY RECORDSを設立。その第一弾として、同年11月、完全ストリート・マナーなミックスとして話題を呼んだDJ TY-KOHとのコラボミックスCD「TYH the Mixtape」をリリース。"おんなのこ" に捧げる正真正銘のギャル・チューンからハードコア・シットまで、絶妙なセンスで作り上げている。同時期、DJ TY-KOHを筆頭に『FLY BOY RECORDS LIVE IN CONCERT』と題された、KOWICHIとのツーマンライブを開催し、豪華ゲストを招き大成功に終わる。
2016年、DJ TY-KOHとのコラボEP「TYH THE EP」をリリース。"Hip Hop以外はやりたくない” という強烈なメッセージが詰まった「バイトしない feat. KOWICHI」がスマッシュヒットとなる。同年、日本語ラップの伝説的なイヴェント「さんピンCAMP」が20年ぶりに復活した「さんピンCAMP20」にFLY BOY RECORDSの仲間と出演を果たし、息のバッチリ合ったパフォーマンスで強烈なインパクトを残す。
2017年3月、”見た目二枚目 やること三枚目 これがハスバム四枚目” とヤンハス節全開の、4thアルバム「Forever Living Young」をリリース。同年4月、自身初のワンマンライブ「Forever Living Young Concert」を開催し大成功に終わる。同年6月、実に6年振りの新録 筋トレソング4曲を収録した「Gym Time The EP」をリリース。同年8月、サマーチューン4曲収録した「夏が好き THE EP」をリリース。 日本語ラップシーンを代表する超個性派ハードライマー。


OFFICIAL WEB:YOUNG HASTLE
OFFICIAL WEB:FLY BOY RECORDS
INSTAGRAM:@younghastle
TWITTER @younghastle
FACEBOOK @younghastleyounghastle

Mr.Low-D

Mr.Low-D

1998年茨城県水戸市にて音楽を始める。ラップユニット「5X-LARGE」のリーダー兼ミクスチャーバンド「BWH」のメインボーカルを経て、ウエストコーストやローライダー文化に影響され現アーティスト名へと変更。全国の音楽クラブをメインに活躍している。Mr.Low-D=Mr.LOWRIDER EVERYDAY”という由来を持ち、自ら1962年製シボレーインパラを所有し、名門カークラブ“LIFE THE GHETTO”のメンバーでもある。株式会社BRAND NEW WORLDの代表取締役でもありネイルサロン「CLOUCHER」と軽貨物カーリース「LOWDAYS AUTO SERVICE」を経営する実業家でもある。


OFFICIAL WEB:Mr.Low-D
INSTAGRAM:@mrlowd
TWITTER @mrlowd
FACEBOOK @mrlowd

GOCCI

GOCCI

水戸代表、言わずと知れたランチ・タイム・スピークスのMC。 ユニ―クな言語感覚とフロウワ―としての確かな力量でMCとしての多大なプロップスを得ると同時に、アポジ・モ―タ―スの一員としてプロデュ―サ―の側面も併せ持つなど、様々なフィ―ルドでその辣腕をふるう。 そして06年には水戸の新たなムーヴメント、スラッグ・チューンエンターテイメントの中核としてアルバムをリリース。 更には、2007年ULTIMATE MC BATTLEのチャンプを始め、フリースタイラーとしての活躍など、"薄めない"独自のスタンスを貫き、進化の速度を緩めない永遠のB・ボ―イ。

FLOORRIORZ

FLOORRIORZ

The Floorriorz結成以前に、それぞれ個々のTeamやSoloで数々のタイトル、CM、PV、ツアーで活躍してきた。そのメンバーが2010年、世界一のタイトルを日本に持ち帰るために集結。
今まで日本にいなかった、『強さ』だけではなく、『かっこ良さ』を兼ね備えたCrew。それぞれがかっこ良さを求めて踊り続けたからこそ、そのメンバーが集まった。それは『偶然ではなく、必然』
2012年4月1日、日本最高峰のダンスイベントである『三度の飯よりBREAKIN` 10 th anniversary』にCrewとして初参戦。並みいる競合に審査員の票を1つも与えることなく完全優勝。THE FLOORRIORZが日本に新しい風を吹かせると、その場にいた約1,000人の観客の誰もが疑わなかったであろう。
2012年7月8日、ブレイクダンスのワールドカップ『Battle Of The Year』に初出場し、活動から半年という短い期間にも関わらず見事優勝し日本一の称号を獲得!
2012年11月にフランスでの世界大会では準優勝。2013年ではベストショーを受賞。
そして2015年、念願のBattle Of The Year World Final にて初優勝!日本という国がBattle Of The Yearに挑戦して早20年。日本人の誰1人として成し遂げる事の出来なかった世界一の称号を見事獲得!
2016年には従来のレッスンとは違う新しい形態の指導場『The Floorriorz Academy』を設立し、次世代の育成に力を注ぎシーンの活性化にも務める。
その後も立て続けに2年連続優勝果たし、Battle Of The Year史上初となる三連覇を果たす。
歴史を変え、日本を背負って立つ『The Floorriorz』は皆が憧れるスターチームになっている。


OFFICIAL WEB:THE FLOORRIORZ
ACADEMY:THE FLOORRIORZ ACADEMY
TWITTER @the_floorriorz
FACEBOOK @thefloorriorz

DJ DIG DA SOUTHPAW

DJ DIG DA SOUTHPAW

14歳の頃、HIP HOPに興味をもち始め、18歳の頃、DJ & BEET MAKINGの活動を開始する。
地元水戸を拠点にLUNCH TIME SPEAX、t-ACE、WOODS MAN、KEN WHEEL等、様々なアーティスト達と交流を持ち、水戸HIP HOPシーンを動かす重要人物の一人である。
最近では、日本語ラップのアカペラの上にUS HIP HOPのINSTをBLENDしたINCREDIBLE BLENDZで知名度を上げている。
MIX CDでは異例な枚数を売り上げるなど、新しいスタイルを確立した。


SHOP:KICK STICK
INSTAGRAM:@digdasouthpaw
TWITTER @digdasouthpaw
FACEBOOK @kickstickmtc

SHOUT MOVIES

般若

CREAM

FLOORRIORZ

LIVE ARTISTS

$LY / YASAGURE&MIE / GOTIT
Boom Bark Bros / JAP Resistance / LilBank

DJ

TOKU

協賛について

協賛企業

ご協賛のお願い

『偕楽園チャリティ音楽祭~MTCmusic2018~』では、ご協賛いただける企業・団体・個人の方を募集しております。

詳しくは資料をご覧ください。

協賛資料のダウンロード

会場情報

会場:偕楽園公園 四季の原

偕楽園ホームページ

会場内エリアマップ

エリアマップ

アクセスマップ

アクセスマップ

イベント会場イベント会場
バス乗降口 千波山バス乗降口 千波山

≪車でお越しのお客様≫

常磐自動車道 水戸IC(50号バイパス経由)…約20分
北関東自動車道 茨城東IC・水戸南IC…約20分

≪電車、バスでお越しのお客様≫

JR 常磐線 水戸駅→水戸駅北口より6番乗り場、関東鉄道バスにて千波山で下車
徒歩5分にてイベント会場


開催日のバス時刻表はこちら

駐車場マップ

駐車場マップ

≪無料駐車場≫

  1. 偕楽園・桜山第一駐車場 [普270台・障4台]
  2. 偕楽園・桜山第二駐車場 [普149台・障4台]
  3. 偕楽園・桜山第三駐車場 [普66台・障4台]
  4. 桜川駐車場[普295台・障6台]
  5. 好文亭表門駐車場 [障11台・マイクロ6台]

≪有料駐車場≫

  1. 千波公園西側駐車場(029-241-1251)[普159台・大17台]
  2. 偕楽園下駐車場 (029-233-0238)[普140台]
  3. 常磐神社駐車場 (029-226-0560)[普70台]

チケット購入

チケット取扱店舗

プレイガイド

お問合せ

ボランティアスタッフ募集のお知らせ

ボランティアスタッフ募集